woodworkers 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドの家具工房です。無垢材やアイアンなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

あなたは知ってる?意外に知られていないローテーブルとセンターテーブルの違いについての豆知識

 

ローテーブルやセンターテーブルは、同じように見えますが何故呼び方が違うのか知っていますか?
実は同じに見えて、デザインや使用シーン、使い方や用途によって違うテーブルとしてカテゴライズされているのです。

今回は、そんなローテーブルとセンターテーブルの違いについて書いていこうと思います。

 

ローテーブル

ローテーブルは、一般的に座るための座布団や座椅子と一緒に使用するために低い高さで設計されています。その名前の通り、一般的に一般的なダイニングテーブルやデスクよりも低い位置にあります。このタイプのテーブルは、日本や他の東洋の文化で一般的に見られます。これは日本をはじめとする一部の東洋文化圏では床に座る生活スタイルが定着しているからです。

日本文化でもある こたつ はこのローテーブルに布団を被せたアイデア家具ですよね。

ローテーブルは、畳の上や座席の周りに配置することができます。座っている間に足を伸ばしてくつろぐことができるため、くつろぎの空間を作り出します。低い高さのため、一般的には食事や飲み物を置くために使用されることは少ないですが、小さなアイテムや装飾品を置くのに適しています。

 

RONOJI-wide-LT-11

 

ローテーブルの主な特徴

・低い高さ

ローテーブルは一般的に他のテーブルよりも低い高さに設計されています。これにより、座布団や座椅子と組み合わせて使用することができ、座っている間に足を伸ばしてくつろぐことができます。

 

・和風デザイン

ローテーブルは、日本や他の東洋の文化に特に関連しています。伝統的な和風のインテリアによく合うデザインが一般的です。木材や竹などの自然素材を使用したり、簡素なデザインや曲線を取り入れたりすることがあります。

 

・趣味空間の作成

ローテーブルはくつろぎの空間を作り出すのに適しています。畳の上や座席の周りに配置することができ、家族や友人と一緒にくつろぎながら会話を楽しむことができます。趣味の活動や茶道、将棋などのゲームを楽しむためのスペースとしても利用されることがあります。

 

・小さなアイテムや装飾品の置き場所

ローテーブルは、食事や飲み物を置くための主要なテーブルではありませんが、小さなアイテムや装飾品を置くのに適しています。花瓶、香炉、置物、ティーポットなどのアイテムを飾ることで、和風の雰囲気を演出することができます。

 

・スペース節約

ローテーブルは、一般的なダイニングテーブルやセンターテーブルよりもコンパクトであり、スペースを節約するのに役立ちます。特に小さなリビングルームや和室のある部屋に適しています。

 

これらの特徴により、ローテーブルはくつろぎの空間を作り出し、和風の雰囲気を演出するための重要な要素となります。

 

センターテーブル

ローテーブルとは逆に、床の上に座る文化が無いほかの国では足をローテーブルの下に入れて伸ばすという文化が存在しないため、天板下の空間を収納や棚などを付け利便性を高める傾向があります。これをセンターテーブルと呼びます。
センターテーブルは、一般的にソファやソファセットの前に配置されるテーブルです。リビングルームや応接室などのくつろぎのスペースでよく使用されます。センターテーブルは、一般的にローテーブルよりも高く、一般的なダイニングテーブルよりも低い位置にあります。

センターテーブルは、飲み物やお菓子、リモコン、雑誌などのアイテムを置くのに便利です。また、家族やゲストが一緒に座って会話を楽しむ場所としても使用されます。センターテーブルは、機能的でありながら、リビングルームのデザインやインテリアにも一貫性を持たせる役割を果たします。

要約すると、ローテーブルは低い高さであり、座布団や座椅子と組み合わせて使用することが一般的です。一方、センターテーブルはソファやソファセットの前に配置され、一般的なダイニングテーブルよりも低い位置にあります。

 

 

センターテーブルの主な特徴

・高さと位置

センターテーブルは一般的にソファやソファセットの前に配置されます。そのため、一般的なダイニングテーブルよりも低い位置にあります。高さは一般的に座っている人の手が届きやすいレベルに設計されています。

 

・機能性

センターテーブルは、飲み物、お菓子、リモコン、雑誌など、くつろぎのスペースで必要なアイテムを置くための機能的な役割を果たします。ソファに座っている間に必要なものを手元に置くことができ、便利さを提供します。

 

・デザインと装飾性

センターテーブルは、リビングルームや応接室などのくつろぎのスペースのデザインやインテリアに一貫性を持たせる役割を果たします。素材や形状、カラーコーディネーションなどを選ぶことで、部屋のスタイルや雰囲気に合わせたデザインが可能です。また、花瓶や装飾品などを置くことで、センターテーブル自体が装飾としても機能します。

 

・コミュニケーションの中心

センターテーブルは、家族やゲストが一緒に座って会話を楽しむ場所として重要な役割を果たします。テーブルを中心に座ることで、コミュニケーションが促進され、くつろぎの時間を共有することができます。

 

・収納機能

センターテーブルには、引き出しや棚などの収納スペースが組み込まれている場合もあります。これにより、雑誌、リモコン、ゲームなどの小さなアイテムを整理して収納することができます。

 

センターテーブルは、リビングルームや応接室などのくつろぎのスペースで重要な役割を果たす家具です。機能性とデザインの両面で考慮され、コミュニケーションや快適さを提供するために設計されています。

 

まとめ

センターテーブルやローテーブルを置くことで、快適な環境を作り出すことができます。また個性的なアイテムを選ぶことで、快適さと美しさを両立させることができます。

ただし、快適さは個人の好みや使い方によって異なる場合があります。テーブルを選ぶ際は、自身のニーズやライフスタイルに合ったサイズ、デザイン、機能性を考慮することが重要ですね。

無垢材の家具|woodworkers/ウッドワーカーズ

woodworkers

woodworkersは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドにこだわる家具工房です。
テーブルやチェア、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、
ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。
長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

屋号 woodworkers
住所 〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台5-7-8鷲尾倉庫2階
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
E-mail info@woodworker-s.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

woodworkers 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドの家具工房です。無垢材やアイアンなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台5-7-8鷲尾倉庫2階

078-647-7857

平日 9:00 ~ 17:00
定休日:土・日・祝

0

0