woodworkers 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドの家具工房です。無垢材やアイアンなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

知っておきたい!無垢材オイル仕上げダイニングテーブルを美しく維持する為の注意点

HANOJI2-5DT-17

 

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルを美しく維持するには、以下の注意点に留意することが重要です。

我々ウッドワーカーズのダイニングテーブルは勿論ですが、他社製品もオイル仕上げ天板の場合は全く同じです。

そんなに難しい事はございませんので、無垢材のオイル仕上げダイニングテーブルをご購入の際には頭の片隅にでも覚えておくとよいかと思います。

 

無垢材オイル仕上げダイニングテーブルを美しく維持する方法

 

1. 適切なメンテナンス

無垢材オイル仕上げは、木材の自然な風合いを引き出し、保護する役割を果たします。定期的なメンテナンスが必要です。メーカーから指示されたオイルの種類や頻度で、表面に再塗布する必要があります。これにより、木材を保護し、耐久性を維持します。

 

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルのメンテナンス方法は、以下のようなものがありますので参考にしてみてください。

 

・定期的な掃除

ダイニングテーブルの表面についたホコリや汚れを除去するため、柔らかい布やホウキなどを使用して定期的に掃除を行いましょう。堅いブラシや研磨剤を使わないように注意し、表面を傷つけないようにしましょう。

 

・オイルの再塗布

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルは、定期的なオイルの再塗布が必要です。メーカーや製品のケアガイドラインに従って、適切なオイルを選び、指示された頻度で表面に塗布します。オイルは木材に浸透し、木材を保護し、風合いを引き出します。塗布後は、余分なオイルを布で拭き取り、表面を均一に仕上げます。

 

・こぼれや汚れへの対応

こぼれた液体や食べ物の汚れは、速やかに拭き取るようにします。濡れた布やスポンジを使って柔らかく拭き、乾いた布で水分を拭き取ります。乾いた状態で放置すると、水や液体が木材に染み込む可能性があります。

 

・熱や湿度からの保護

高温や湿度の変化は木材に影響を与える可能性があります。熱い鍋や調理器具、湿ったグラスなどを直接的にテーブルに置かないようにしましょう。また、湿度の高い場所や直射日光を避け、適切な室内環境を保つことも重要です。

 

・傷やキズへのケア

木材の表面にできた傷やキズは、専用の木製補修キットや研磨材を使用して修復することができます。キズの深さや広がり具合に応じて、適切な方法を選びましょう。修復後は、オイルを再塗布して均一な仕上げを保つことが重要です。

 

これらのメンテナンス手順を適切に行うことで、無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルを美しく保つことができます。ただし、具体的なメンテナンス方法は製品によって異なる場合がありますので、メーカーや製品のケアガイドラインを必ず参照してください。

 

メンテナンス関連記事はこちら

 

2. 高温や湿度への注意

無垢材は環境の変化に敏感です。高温や湿度の変化によって、木材が膨張や収縮する可能性があります。直接的な熱源や湿度の高い場所から遠ざけるようにしましょう。また、食器やグラスのコンデンセーション(結露)を防ぐため、コースターやマットを使用することもおすすめです。

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルは、他の表面仕上げに比べると高温や湿度に対してやや敏感ですが、一概に「弱い」訳ではないのです。

以下に詳細を記載しますのでご参考にしてください。

 

・高温への注意

無垢材は熱に対して一定の耐性を持っていますが、非常に高温な物体を直接的に置いたり、熱い鍋や調理器具を直接テーブル上に置くことは避けるべきです。これらの熱源は木材を変形させたり、オイル仕上げの劣化や変色を引き起こす可能性があります。ヒートマットやポットホルダーを使用して熱源との接触を避けることが重要です。

 

・湿度への注意

無垢材は湿度の変化に対して一定の反応を示す場合があります。高湿度の環境下では木材が膨張し、低湿度の環境下では収縮する可能性があります。このため、極端な湿度の変化を避けることが望ましいです。特に、ダイニングテーブルの近くには加湿器や除湿器を使用して、適切な湿度を維持することが重要です。

ただし、適切なケアや予防策を講じれば、無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルは長期間にわたって美しさと耐久性を保つことができます。定期的なオイルの再塗布、適切なクリーニング、熱源や湿度の管理などのメンテナンスを行うことで、木材をより良好な状態に保つことができます。

 

製品の取扱い説明書やメーカーのケアガイドラインに従い、特定の製品に関する注意事項や推奨事項を確認することも重要です。

 

3. こぼれや汚れへの対応

オイル仕上げのダイニングテーブルは、水や液体のこぼれに敏感です。こぼれた液体をすぐに拭き取るようにしましょう。また、食器や調理器具の下に保護マットやテーブルクロスを敷くことで、木材へのダメージを軽減できます。

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルにこぼれや汚れが生じた場合は、以下の方法で対処することができます。

 

・速やかな拭き取り

こぼれた液体や食べ物がテーブルに付着した場合は、できるだけ早く拭き取りましょう。柔らかな布やスポンジを使用し、こすらずに優しく拭きます。水分を含ませた布で拭いた後、乾いた布で水分を取り除きます。

 

・中性の洗剤を使用

汚れが頑固な場合は、中性の洗剤を薄めた水溶液を使って拭き取ることができます。ただし、洗剤の使用後は必ず洗剤をきれいな水で洗い流し、乾いた布で水分を取り除くことが重要です。

 

・オイルの再塗布

こぼれや汚れを取り除いた後は、オイルの再塗布が必要です。無垢材オイル仕上げのテーブルは定期的なオイルのメンテナンスが必要であり、こうしたメンテナンスによって木材を保護し、風合いを保つことができます。メーカーや製品のケアガイドラインに従って、適切なオイルを選び、指示された頻度で塗布しましょう。

 

・修復キットの使用

キズや傷が付いた場合は、専用の木製補修キットを使用して修復することができます。キットには木製の修復材や研磨材が含まれており、木材の傷を修復するための手順が記載されています。製品の取扱い説明書を参照し、適切に修復を行いましょう。

 

以上の方法を適切に実施することで、無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルのこぼれや汚れに対処することができます。ただし、製品ごとに異なるメンテナンス方法や修復手順がある場合もありますので、メーカーや製品のケアガイドラインに従うことをおすすめします。

 

4. 傷やへこみへのケア

木材の表面は比較的柔らかく、傷やキズがつきやすいです。鋭利な刃物や硬い物体を直接的に接触させないようにしましょう。また、傷がついた場合は、サンドペーパーや専用の木製補修キットを使用して修復することができます。

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルに傷やへこみが付いた場合、以下の方法で修復することができます。

 

・サンドペーパーを使用した研磨

小さな傷や軽度のへこみには、サンドペーパーを使用して表面を研磨することが有効です。サンドペーパーはメーカーや製品によって異なる場合がありますので、製品の取扱い説明書やメーカーのケアガイドラインを参考にして適切なサンドペーパーを選びましょう。また、コンパウンドなどの研磨材を布に取り、傷やへこみを円を描くように軽く研磨します。研磨後は、オイルを再塗布して均一な仕上げを保つことが重要です。

 

・木製補修キットの使用

より深い傷やへこみには、木製補修キットを使用して修復することができます。木製補修キットには木製の修復材や研磨材が含まれており、木材の傷を修復するための手順が記載されています。キットの指示に従って修復を行い、仕上げ後にオイルを再塗布することで均一な表面仕上げを保つことができます。

 

・専門家に相談する

もし大きな傷やへこみが生じた場合や自己修復が難しい場合は、専門家に相談することも検討しましょう。木工職人や家具修復の専門家は、より専門的な技術や材料を用いて修復を行うことができます。

 

傷やへこみの修復には、慎重な作業と正確な手順が必要です。製品の取扱い説明書やメーカーのケアガイドラインに従い、適切な修復方法を選択してください。

 

5. 日光からの保護

長時間の直射日光にさらされると、無垢材の表面が変色する可能性があります。テーブルを直射日光の当たらない場所に配置するか、ブラインドやカーテンで日光を遮ることを検討してください。

無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルは、直射日光を避けることが推奨されます。以下にその理由を説明します。

 

・色の変化

無垢材は太陽光に長時間さらされると、色の変化が生じる場合があります。特に明るい木材は日光によって徐々に色あせることがあります。この色の変化は、テーブルの一部の範囲が変色し、他の部分との色の一貫性が損なわれる可能性があります。

 

・乾燥と収縮

直射日光は木材を乾燥させる要因となります。乾燥することで木材は収縮し、ひび割れや歪みの原因となる可能性があります。特に高温の環境下で日光がテーブルに直接当たると、この問題がより顕著になる場合があります。

 

・保護劣化

オイル仕上げは木材を保護する役割を果たしますが、長時間の直射日光にさらされるとオイルの劣化が進むことがあります。オイルが劣化すると木材が十分に保護されなくなり、傷や汚れへの耐性が低下する可能性があります。

 

したがって、無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルを保護するためには、以下の対策を考慮することが重要です。

 

〇ダイニングテーブルを直射日光の当たらない場所に配置する。
〇長時間の日光にさらされる場所では、遮光カーテンやブラインドを使用する。
〇太陽の動きに合わせてテーブルの位置を調整し、直射日光を受ける時間を最小限にする。

 

これらの対策によって、無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルの美観や耐久性を保つことができます。

 

まとめ

これらの注意点に留意することで、無垢材オイル仕上げのダイニングテーブルを長く美しく保つことができます。また、製品によってはメーカーのケアガイドラインが異なる場合がありますので、製品の取扱い説明書を参照することも重要です。

 

ウッドワーカーズのダイニングテーブルやその他家具はこちら

商品紹介

  RONOJI ダイニングテーブルセットの魅力 無垢材の美しい木目が特徴のRONOJダイニングテーブルセットは、お部屋に暖かみと木材の心地よい香りを与えてくれます。木目や節、色合いなど、個々の木材によって異なる特徴があるため、個性的で独特の風合いと温かみを持っています。 国産の杉無垢材で製作している天板は、丈夫で耐久性が…

商品紹介

  RONOJI ダイニングテーブルセットの魅力 無垢材の美しい木目が特徴のRONOJダイニングテーブルセットは、お部屋に暖かみと木材の心地よい香りを与えてくれます。木目や節、色合いなど、個々の木材によって異なる特徴があるため、個性的で独特の風合いと温かみを持っています。 国産の杉無垢材で製作している天板は、丈夫で耐久性…

商品紹介

  RONOJI ダイニングテーブルの魅力 無垢材の美しい木目が特徴のRONOJダイニングテーブルは、お部屋に暖かみと木材の心地よい香りを与えてくれます。木目や節、色合いなど、個々の木材によって異なる特徴があるため、個性的で独特の風合いと温かみを持っています。 国産の杉無垢材で製作している天板は、丈夫で耐久性があります。適切な…

商品紹介

  HANOJI Type1ダイニングテーブルセットの魅力 無垢材の美しい木目が特徴のHANOJI Type1 ダイニングテーブルセットは、お部屋に暖かみと木材の心地よい香りを与えてくれます。木目や節、色合いなど、個々の木材によって異なる特徴があるため、個性的で独特の風合いと温かみを持っています。 国産の杉無垢材で製作している天板は、…

無垢材の家具|woodworkers/ウッドワーカーズ

woodworkers

woodworkersは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドにこだわる家具工房です。
テーブルやチェア、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、
ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。
長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

屋号 woodworkers
住所 〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台5-7-8鷲尾倉庫2階
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
E-mail info@woodworker-s.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

woodworkers 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドの家具工房です。無垢材やアイアンなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台5-7-8鷲尾倉庫2階

078-647-7857

平日 9:00 ~ 17:00
定休日:土・日・祝

0

0