woodworkers 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドの家具工房です。無垢材やアイアンなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

一人暮らしに必要な家具とは?過ごすイメージを膨らませお気に入りの家具を取り入れよう

一人暮らしに必要な家具とは?過ごすイメージを膨らませお気に入りの家具を

 

一人暮らしを始める際の悩みの種といえば、購入する家具についてです。

初めての一人暮らしは「どのような家具を選べば良いのか」「どのような点に注意して家具を選べば良いのか」など何かと不安も多いでしょう。

 

本記事では一人暮らしをする方に向けて、一人暮らしに必要な家具の種類、家具を選ぶ際の注意点・ポイント、具体的な家具の選び方についてご紹介してきます。

 

この記事のポイント!

・一人暮らしにはベットやテーブル、ソファがあれば快適

・家具を選ぶ際には、お部屋で過ごすイメージを膨らませることが重要

・価格面だけではなくライフスタイルに合わせてお気に入りの家具を選ぶことが重要

 

一人暮らしに必要な家具とは?

まずは一人暮らしをする際に必要な家具についてご紹介していきます。

下記の家具は必ず必要な訳ではありませんが、最低限押さえておくと快適な生活が送れる家具をピックアップしています。

それぞれのライフスタイルに合わせて選んでみてください。

 

ベッド

一人暮らしをする際にまず押さえておきたいのが、ベッドです。

一人暮らしであれば、シングルベッドでも十分ですが、間取りや部屋のサイズに問題がなければ、セミダブル程度のサイズをおすすめします。

またワンルールなどの比較的狭い部屋であれば、椅子などを置かずにベッドに座って生活するのも1つの方法です。

 

テーブル・デスク

テーブルもしくはデスクも最低、1つは置いておきたい家具の1つです。

テーブル・デスクは、食事や勉強、仕事などさまざまな目的に使用できるので、目的に応じてサイズを選ぶようにしましょう。

また間取りや部屋のサイズによっては、食事用や作業用などに分けて複数のテーブル・デスクを購入できると便利です。

 

ソファ・チェア​​

お部屋でゆっくりとくつろぐには、やはりソファを重要です。

またソファは食事や勉強、仕事などにも使用できるので、間取りや部屋のサイズによってはチェアを置かない代わりにソファで代用することも可能。

一般的には2〜3人用のソファがメジャーですが、実は一人暮らしの方に向けて1人用のソファもありますので、お部屋が狭いけどソファを置きたい場合には最適です。

 

収納家具

都心の物件や狭めのお部屋では収納がついていないケースも少なくありません。

そもそもお部屋選びの段階で収納がないお部屋は除外してしまう方も少なくありませんが、収納はラックや棚などの収納家具で代用することも可能です。

一人暮らしではそれほど多くの収納を必要としないケースもありますが、備え付けのクローゼット・押し入れの収納力だけでは、物足りない場合には収納家具を購入しましょう。

 

一人暮らしの家具選びの注意点・ポイント

一人暮らしの家具選びの注意点・ポイント

上記でご紹介した家具が一人暮らしに最低限、揃えておきたい家具ですが、他の家具も揃えたり減らしたりと、ライフスタイルに応じて家具を選ぶようにしましょう。 

ここからは一人暮らしの家具選びにおける注意点・ポイントについてご紹介していきます。

 

何かと不安の多い一人暮らしの家具選びですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

部屋の中で過ごすイメージをして家具を選ぼう

一人暮らしの家具選びのポイント1つ目は、お部屋の中で過ごすイメージをして家具を選ぶことです。

例えば、会社勤めで家にいる時間がほとんどない場合は、上記でご紹介した最低限の家具で問題ないでしょう。

 

一方で在宅ワークがメインで家で過ごす時間が長い場合は、快適な空間で一人暮らしができれば仕事や勉強もはかどりますでの、リラックスできるソファや作業性に優れたデスクなども検討してみましょう。

一人暮らしといっても、実際に必要になる家具は人それぞれですので、自分に最適な家具を選べるようにするためにも、事前にお部屋の中で過ごすイメージを膨らませてみましょう。

 

お気に入りの家具を選ぼう

一人暮らしの家具選びの2つ目のポイントは、お気に入りの家具を選ぶことです。

 

初めての一人暮らしの場合、安価な家具や家具量販店などの家具を購入する方が多い傾向にありますが、せっかくの一人暮らしですので、お気に入りの家具を選んでみてください。

もちろん家具の値段は家具選びの重要なポイントですが、安価な家具にはそれなりの品質や強度などの面で理由があります。

 

一方で天然の木材を使用した家具や職人のハンドメイド家具など、品質の良い家具は一生ものです。

また天然素材の家具は艶が出たり味が出てきたりと、経年変化を楽しみながら育てていける点でも、一人暮らしを共にするパートナーになってくれます。

 

もちろん単身赴任や一年間だけなど短期であれば、安価な家具や量販店の家具で我慢するのも1つの方法ですが、せっかくの一人暮らしですので家具選びにはこだわりたいものです。

 

一人暮らしの家具選びの方法

一人暮らしの家具選びの方法

 

部屋の中で過ごすイメージをして家具を選ぶこと、お気に入りの家具を選ぶことが一人暮らしの家具選びのポイントでした。

ここからはさらに具体的に、一人暮らしの家具選びの方法についてご紹介してきます。

 

一人暮らしのテーブル・デスク選び

一括りにテーブルといっても、脚の長いダイニングテーブルや脚の短いセンター(ロー)テーブルなどがあります。

 

床に座って生活するスタイルが好きであれば脚の短いテーブルを、椅子に座って生活するスタイルが好きであれば脚の長いテーブルをといったように、生活スタイルに応じて選んでみましょう。

もともと畳で生活していた日本人は、実際に床に座って使えるテーブルの方が、食事や作業はもちろんコタツなどにも使用できるので快適という声もあります。

一方で脚の長いダイニングテーブルの方が、掃除が楽で清潔感があるといった声もあります。

 

一人暮らしのソファ選び

一人暮らしではお部屋のサイズ的に「ソファを置けない」「置けても部屋が狭くなってしまう」といったケースが多くありますが、その場合には一人用ソファも検討してみましょう。

 

やはりお部屋を快適にするためにソファの役割は大きく、一人暮らしでもソファを置きたいというニーズは高い傾向にあります。

またソファにはレザーをはじめファブリック素材やデニム素材を使ったソファがありますが、経年変化を楽しみつつも洗濯もできる清潔なソファをお探しの場合には、ファブリック素材やデニム素材がおすすめです。

 

一人暮らしのベット選び

上記でご紹介したように、間取りや部屋のサイズに問題がなければ、やはりセミダブル程度のサイズがおすすめです。

脚やマットレスがセットになっているタイプの安価なベットもありますので、初めての一人暮らしであれば、このようなタイプも選択肢の1つ。

またベットの下に収納が付いたタイプであれば、収納家具の役割も果たせるため、場所を有効的に活用したい場合には、こちらも選択肢の1つです。

 

ミニマルな暮らしとは?最小限にこだわり過ぎず自分に合った豊かな暮らしへ

まとめ

本記事では一人暮らしをする方に向けて、一人暮らしに必要な家具の種類、家具を選ぶ際の注意点・ポイント、具体的な家具の選び方についてご紹介してきました。

 

初めての一人暮らしにおける家具選びは不安な点が多いので、以下の点を再度確認しておきましょう。

・部屋の中で過ごすイメージをして家具を選ぶことがポイント

・お気に入りの家具を選ぶことが一人暮らしの家具選びのポイント

無垢材の家具|woodworkers/ウッドワーカーズ

woodworkers

woodworkersは、『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドにこだわる家具工房です。
テーブルやチェア、キャビネット、ダイニングセット、雑貨など、素材の持つ個性を活かして、
ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な作品を製作しております。
長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

屋号 woodworkers
住所 〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台5-7-8鷲尾倉庫2階
営業時間 9:00~18:00
定休日:土・日・祝
E-mail info@woodworker-s.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

woodworkers 『共に暮らす家具』をコンセプトにしたハンドメイドの家具工房です。無垢材やアイアンなど素材の持つ個性を活かして、ずっと眺めていても飽きの来ない、素朴な家具を製作してます。長く使うほど味が出る、当店の家具をぜひお楽しみ下さい。

〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台5-7-8鷲尾倉庫2階

078-647-7857

平日 9:00 ~ 17:00
定休日:土・日・祝

0

0